お電話での受付時間 8:30~12:00・13:30~17:00 祝日休診 Tel. 096-383-0555

白内障手術

  HOME | 白内障手術

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

くまがい眼科の日帰り手術

白内障手術

   
      
         
            
 
               
   
      
         
            
    

白内障手術とは

白内障とは、眼の中の水晶体(カメラで例えるとレンズの部分)が濁り、その為に視力が低下する病気です。
正常な水晶体は透明なのですが、加齢により水晶体の中にあるたんぱく質が変性すると、次第に白っぽく濁ってきます。そうすると、水晶体が光を集めても眼底に光が届かなかったり、光が乱反射して網膜に鮮明な像が結べなくなったりして、見え方に支障が生じます。

正常な眼
白内障の眼

白内障の代表的な症状

物が見えにくい (視力低下 )
霞んで見える (霧視 )
光がまぶしく感じる (羞明 )
ものが 2重、 3重に見える (複視 )
視界が暗く感じる
眼鏡の度数が以前と変わってきた
 
白内障の初期段階では、ほとんど自覚症状がありませんが、白内障が進行するにつれて、徐々にこれらの自覚症状が現れてきます。

白内障の原因

白内障の発症原因は、加齢によるものが殆どです。


60歳以上の高齢者の 70%、 80歳以上は 100%に発症するといわれており、早い方では 40歳での発症も認められます。加齢以外の原因としては、
糖尿病を患っている方
眼に外傷のある方
アトピー性皮膚炎を患っている方
生活習慣病を患っている方
などにもみられます。
 白内障の原因には様々な要因が関与しており、個々の症例によってそれぞれ異なることがあります。
目の見えづらさや白内障の症状に関して不安を感じる場合は、眼科医に相談することをお勧めいたします。
見え方の違い

正常な見え方
白内障の見え方

白内障の検査

視力検査
細隙灯顕微鏡検査
コントラスト感度検査
角膜形状 /屈折力解析検査
波面収差解析検査
眼底検査
三次元画像解析検査
これらの検査を行い、白内障による視力低下かどうかの判定、白内障の進行状態、白内障手術の対象になるかを調べます。

白内障の治療

白内障の症状が軽度で、白内障の程度が初期の段階であれば、
点眼薬による薬物療法によって進行を抑制する治療を行います。
この薬物療法は、白内障の進行を少しでも遅らせることを目的としており、
白内障を治したり、進行を完全に止めたりすることはできません。
そのため、低下した視力を改善するには白内障手術が必要です。
 
当院では視力改善を目的とする場合、
白内障手術による治療を行っています。
 
一般的に白内障は年齢とともに進行し、
すぐに白内障手術を受けなければならないわけではありません。
適した白内障手術の時期は、
患者様のライフスタイルや目の状態によって異なります。
基本的には、患者様ご自身が生活に不便を感じた時期に
白内障手術を行うことを推奨しておりますが、
白内障の程度やその他の条件(緑内障発作を生じる危険性のある眼、
進行の早い白内障など)によっては視力にかかわらず
白内障手術をお勧めする場合もあります。
白内障の症状が軽度で、白内障の程度が初期の段階であれば、点眼薬による薬物療法によって進行を抑制する治療を行います。
この薬物療法は、白内障の進行を少しでも遅らせることを目的としており、白内障を治したり、進行を完全に止めたりすることはできません。そのため、低下した視力を改善するには白内障手術が必要です。
 
当院では視力改善を目的とする場合、白内障手術による治療を行っています。
 
一般的に白内障は年齢とともに進行し、すぐに白内障手術を受けなければならないわけではありません。
適した白内障手術の時期は、患者様のライフスタイルや目の状態によって異なります。基本的には、患者様ご自身が生活に不便を感じた時期に白内障手術を行うことを推奨しておりますが、白内障の程度やその他の条件(緑内障発作を生じる危険性のある眼、進行の早い白内障など)によっては視力にかかわらず白内障手術をお勧めする場合もあります。
白内障手術を受ける時期について
白内障による症状により日常生活での不自由さを感じているときです。
白内障手術を
受ける時期について
白内障による症状により日常生活での不自由さを感じているときです。

具体的には…

これらの項目に一つでも当てはまる際には、くまがい眼科まで白内障手術のご相談ください。
眼科専門医による診察をもとに、白内障手術の必要性について診断、患者さんに合わせてご相談させていただきます。
これらの項目に一つでも当てはまる際には、くまがい眼科まで白内障手術のご相談ください。
眼科専門医による診察をもとに、白内障手術の必要性について診断、患者さんに合わせてご相談させていただきます。

くまがい眼科の日帰り白内障手術

Cataract surgery at Kumagai Eye Clinic

くまがい眼科の
日帰り白内障手術

Cataract surgery at Kumagai Eye Clinic

白内障手術では濁ってしまった水晶体を取り除き、代わりに人工の眼内レンズを挿入します。挿入する眼内レンズも患者様の「見え方」に合わせて保険診療の単焦点眼内レンズや選定療養となる多焦点眼内レンズを選択する事が出来ます。
また現在の白内障手術は技術の進歩により小切開でより患者様の体への負担を抑えて手術することが可能になり、日帰りで白内障手術を受けることが可能です。通常の白内障であれば白内障手術の時間は10~15分程度で終えることが出来、リスクの少ない手術となっております。

Elite

白内障手術装置
ーステラリスエリートー

令和元年に日本に導入された最新鋭の白内障手術機器です。(ボシュロム社 / 米国)
この機械は手術中の眼内圧の変動をコンピュータが管理し、常に正常眼圧に近い環境で手術が行えるよう設計・開発されています。これにより高効率で静寂な眼に優しい安全な手術、手術中の痛みの原因となる眼内の圧力変動をコントロールする事が可能となっています。

VERION

白内障手術ガイダンスシステム
ーVERIONー

白内障手術では患者さんごとに異なる乱視軸の方向で切開位置を設定したり、眼内レンズ固定位置を調節する必要があります。特に乱視矯正レンズや多焦点眼内レンズでは、わずかなずれが見え方の低下につながります。
今までは目測で切開位置や眼内レンズ固定位置を判断していましたが、VERIONは手術中用いる顕微鏡に切開の位置や眼内レンズの固定位置、乱視軸などの術前データ表示する事が可能ですので、術前のプランに沿った正確な手術を行う事が出来るようになりました。

くまがい眼科の日帰り白内障手術の特徴

くまがい眼科の
日帰り
白内障手術の特徴

経験豊富な
医師による
執刀

選べる
眼内レンズ

老視や乱視の
同時治療

最新の
手術機器を
使用

感染症
滅菌対策の
徹底

経験豊富な
医師による執刀

選べる
眼内レンズ

老視や乱視の
同時治療

最新の
手術機器を使用

感染症
滅菌対策の徹底

くまがい眼科の白内障手術の流れ

当院の白内障手術までの流れは以下のようになっています。

くまがい眼科の
白内障手術の流れ

当院の白内障手術までの
流れは以下のように
なっています。

1

検査・診察

目の状態や見え方について、検査や医師の診察を通して確認します。
白内障が原因で見えづらいといった症状がみられる際には、白内障や見え方の程度に応じて、白内障手術が必要かを判断します。

1.検査・診察

目の状態や見え方について、検査や医師の診察を通して確認します。
白内障が原因で見えづらいといった症状がみられる際には、白内障や見え方の程度に応じて、白内障手術が必要かを判断します。

2

白内障手術日決定

白内障が原因であった際に、眼の状態について検査結果や白内障の画像を用いて患者様に説明を行い、医師との相談のもとに、白内障手術をするかどうかを決定します。白内障手術を実施する際には、手術日と手術前検査の日程を決めます。

2.白内障手術日決定

白内障が原因であった際に、眼の状態について検査結果や白内障の画像を用いて患者様に説明を行い、医師との相談のもとに、白内障手術をするかどうかを決定します。白内障手術を実施する際には、手術日と手術前検査の日程を決めます。

3

白内障手術前検査

より安全で的確な、手術を行うために詳細な検査・説明を行います

3.白内障手術前検査

より安全で的確な、手術を行うために詳細な検査・説明を行います

4

白内障手術数日前

視力改善や症状緩和など白内障手術を受けることで得られるメリット、白内障手術によって生じる可能性のある合併症などの説明を行い、白内障手術に同意されるかどうかの最終確認を行います。

4.白内障手術数日前

視力改善や症状緩和など白内障手術を受けることで得られるメリット、白内障手術によって生じる可能性のある合併症などの説明を行い、白内障手術に同意されるかどうかの最終確認を行います。

5

白内障手術当日

通常の白内障であれば10~15分程度で終了いたします。リラックスして臨みましょう。

5.白内障手術当日

通常の白内障であれば10~15分程度で終了いたします。リラックスして臨みましょう。

白内障手術の前日の準備

白内障手術を受ける日程が決まりましたら安全な手術を行うために下記の準備を行います。

■白内障手術の手術前検査を行います
■白内障手術の内容や白内障手術前後の生活についてご説明します。ご家族の方も一緒にお聞きいただきます。
■術後完成予防のために、術前より抗菌薬の点眼を行います
■かかりつけ医とも連携を取り、全身状態の確認を行います。

白内障手術の前日の準備

白内障手術を受ける日程が決まりましたら安全な手術を行うために下記の準備を行います。

■白内障手術の手術前検査を行います
■白内障手術の内容や白内障手術前後の生活についてご説明します。ご家族の方も一緒にお聞きいただきます。
■術後完成予防のために、術前より抗菌薬の点眼を行います
■かかりつけ医とも連携を取り、全身状態の確認を行います。

白内障手術当日について

昼食はとっていただいてかまいませんが、軽食として下さい。

■普段お薬を服用されている方は通常通りお薬を内服されて下さい。
■白内障手術開始の約1時間30分前にご来院いただきます。
■準備室にて白内障手術時の注意事項のご説明や、術前点眼、点滴など必要な準備を行います。
■順番で手術室にご案内いたします。入室後に消毒等を行っていきます。
■白内障手術を行います。通常手術時間は約15分前後です。
■白内障手術終了後、気分不良などなければ帰宅していただきます。
■白内障手術後には眼帯で塞がれており、付き添いの方の送迎もしくは、タクシ-にてご帰宅いただくようお願いしております。

白内障手術当日について

昼食はとっていただいてかまいませんが、軽食として下さい。

■普段お薬を服用されている方は通常通りお薬を内服されて下さい。
■白内障手術開始の約1時間30分前にご来院いただきます。
■準備室にて白内障手術時の注意事項のご説明や、術前点眼、点滴など必要な準備を行います。
■順番で手術室にご案内いたします。入室後に消毒等を行っていきます。
■白内障手術を行います。通常手術時間は約15分前後です。
■白内障手術終了後、気分不良などなければ帰宅していただきます。
■白内障手術後には眼帯で塞がれており、付き添いの方の送迎もしくは、タクシ-にてご帰宅いただくようお願いしております。

白内障手術後の注意点について

■白内障手術当日は帰宅後安静となります。眼帯により片眼になりますのでご注意ください。
(翌日より眼帯は外しての生活となります。)
■白内障手術後4日程度はご自身での洗顔や洗髪は出来ません。
■白内障手術後1週間は保護メガネを装用していただきます。
■アルコ-ルは白内障手術後10日程度、運動は4日から1週間程度お休みいただくようお願いしております。
■合併症予防のためにも白内障手術後の点眼、生活制限、通院を守っていただくようお願いします。

白内障手術後の注意点について

■白内障手術当日は帰宅後安静となります。眼帯により片眼になりますのでご注意ください。
(翌日より眼帯は外しての生活となります。)
■白内障手術後4日程度はご自身での洗顔や洗髪は出来ません。
■白内障手術後1週間は保護メガネを装用していただきます。
■アルコ-ルは白内障手術後10日程度、運動は4日から1週間程度お休みいただくようお願いしております。
■合併症予防のためにも白内障手術後の点眼、生活制限、通院を守っていただくようお願いします。

白内障手術の眼内レンズ

白内障手術の
眼内レンズ

眼内レンズとは、白内障手術で濁った水晶体の代わりに目の中に挿入する人工のレンズです。眼内レンズにはメガネやコンタクトレンズと同じように度数があります。度数や種類を適切に選択することにより、近視や遠視、老眼や乱視も矯正することができます。
眼内レンズは大きく分けて「単焦点眼内レンズ」と「多焦点眼内レンズ」があります。

単焦点眼内レンズ

近方、遠方のどちらか一つのピントが合うレンズです。
 見えにくい距離については、白内障手術後にメガネで補正すれば見えるようになります。健康保険が適用となり、白内障手術の費用は健康保険の負担割合に応じた費用となります。

多焦点眼内レンズ

近方、中間、遠方の複数にピントが合うレンズです。
見える範囲が広がり、手術後はメガネを使わず、もしくは、使用する頻度を減らし生活ことができます。

健康保険が適用にならない自由診療のレンズや、レンズ代金以外は健康保険が適用となる選定療養対象のレンズなど、多焦点レンズにはいくつか種類はございますが、総じて手術費用は単焦点眼内レンズに比べると高額になります。

白内障手術の費用

単焦点眼内レンズ(保険適用)

年齢

年収

窓口負担

片眼

両眼

同月で手術

別月で手術

70歳未満

3割負担

約45,000円

約90,000円
約80,100円※

約90,000円

70歳以上
75歳未満

現役並み所得者

3割負担

約45,000円

約90,000円
約80,100円※

約90,000円

 ー

2割負担

約30,000円
18,000円※

約60,000円
18,000円※

約60,000円
36,000円※

75歳以上

現役並み所得者

3割負担

約45,000円

約90,000円
約80,100円※

約90,000円

2割負担

約18,000円

約18,000円

約36,000円

1割負担

約15,000円

約30,000円
18,000円※

約30,000円

単焦点眼内レンズ
(保険適用)

70歳未満

●3割負担

片眼 約45,000円

【同月で手術の場合】

両眼 約90,000円(約80,100円※

【別月で手術の場合】

両眼 約90,000円

70歳以上75歳未満

●3割負担(現役並み所得者)

片眼 約45,000円

【同月で手術の場合】

両眼 約90,000円(約80,100円※

【別月で手術の場合】

両眼 約90,000円

●2割負担

片眼 約30,000円(18,000円※

【同月で手術の場合】

両眼 約60,000円(18,000円※

【別月で手術の場合】

両眼 約60,000円(36,000円※

75歳以上

●3割負担(現役並み所得者)

片眼 約45,000円

【同月で手術の場合】

両眼 約90,000円(約80,100円※

【別月で手術の場合】

両眼 約90,000円

●2割負担

片眼 18,000円

【同月で手術の場合】

両眼 18,000円

【別月で手術の場合】

両眼 36,000円

●1割負担

片眼 15,000円

【同月で手術の場合】

両眼 約30,000円(18,000円※

【別月で手術の場合】

両眼 約30,000円

赤文字表記の費用は、高額療養費制度を用いた場合の費用の目安となります。
▶費用については手術費用のみの表記になりますのでご了承ください。
▶目の状態によっては費用が変動することがごさいます。

TOP